業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

ベッドの買取基準とは?

若い時にももちろん常にある程度のストレスは抱えていたと思うのですが、夜はすぐに眠れるタイプで、勉強や仕事で疲れても、十分な睡眠をとることでリフレッシュできていました。
しかし、会社で責任のある仕事を任せられるようになってきたあたりから、寝る時にいろいろ考えなければいけないことが出てきて、しばらく不眠症に悩まされるようになって、会社の先輩から良く眠れるベッドを紹介されてそれを購入すると、昔のように快眠できるようになりました。
それから仕事も上手くいくようになって、私的にはそのベッドでも十分に満足していたのですが、ベッドを紹介してもらった先輩から、もっと良いベッドが発売されたから、一緒に見に行こうと誘われて試しにそれに寝てみると、予想以上に寝心地が良くて、先輩はその場で即決買いをしました。
前のベッドよりも高額なので、私は即決できませんでしたが、できれば欲しいと思っていて、もう一つ気掛かりなのが、前のベッドの処分についてです。
お店では新しいベッドを購入すれば、古いベッドは処分してくれるのですが、先輩と違って私の場合は、まだ購入してから5?6年程度しか経っていないので、リサイクルショップなどで買取してもらえると思うのですが、ベッドの買取基準について教えていただけないでしょうか?


回答

できるだけ早めに買取に出しましょう。


一般的には、ベッドの買取基準は使用年数が10年以下となっています。
ベッドは使用する度に劣化が進むため、使用年数が長くなるほどどんどん価値が下がっていきます。
5年以上使用しているなら、できるだけ早めに買取に出すことをおすすめします。
ベッドの側面やベッドボードに目立つ傷があったり、マットレスの表面に汚れやシミがあれば減額の対象となり、程度によっては新しくても買取してもらえないこともあります。
ベッドの寝心地が悪くなっていることも減額の対象となりますので、スプリングの状態は事前に確認しておきましょう。
ブランド品や人気のある商品は、買取金額がアップする可能性が高くなります。
寝心地が良くて、デザイン性が高いなら、プラス査定が期待できますので、できるだけ多くのお店から見積りを取ることで、買取金額をアップさせることができるでしょう。
目安として、ノンブランド品は購入価格の0?20%、ブランド品は0?40%となっています。

PageTop