業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

本の買取サービスを利用したいと考えています。

本の買取サービスを利用したいと考えています。
家まで集荷に来てくれるサービスもあるようなのですが、それよりも自分で運送屋さんに運び込んで発送しようと思っています。
その方法について問い合わせたところ、「お持ち込みにてご商品を発送いただいた場合には郵便局の簡易書留を送付させていただき本人確認をさせていただきます。」と言われました。
よくわからないので、教えてもらえますか?

回答

本人確認のための作業が必要ということです。


中古の品の買取を通販で申し込む場合、法律として差出人が間違いなく本人であるかどうかを確認しなければなりません。
これは、法律で決まっているので、必ずやらなければならないことです。
本人確認を行うためのサービスとして考えられたのが、集荷となります。
集荷の際に、ついでに本人確認書類などを提示してもらい、本人であり、本人がそこに住んでいることを確認し、本人であるという署名をしてもらうというわけです。
逆に、持ち込み発送の場合は、記載されている住所に本人が住んでいるかどうかを確認するすべがありません。
これを許容してしまうと、例えば盗品を中古で販売し、全く関係ない住所を適当に書いてしまうことが可能ですよね。
後日、それが盗品とわかった場合、買取時の不備もありますし、住所に行ったら全然違う人がいた…なんてことになると、足取りがつかめなくなってしまいます。
そこでどうやって本人確認をするのか、という問題が残ります。
そこで利用するのが、記載の住所に対して簡易書留の郵便を買取業者から送ります。
それが届けば、その人がそこに住んでいる証拠になるというわけですね。
しかし、最近では、郵便配達人がしっかりと本人確認をしなかったり、ボソボソっと話して、受け取り側もなんとなくサインしてしまい、結果として受け取られたけど正しい人に届いていなかった…というケースも考えられます。
しかし、法律で定められている以上、集荷時に本人確認するか、簡易書留で確認するかをしなければならないわけです。
あなたの都合もあるでしょうが、業者からすれば集荷した方が手間が省けるという場合もありますよね。

PageTop