業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

洋服の買取の注意点はありますか?

自宅のクローゼットを整理していると洋服がたくさんあり、ほとんど着ていないものが意外と多くあることに気がついたため、このまま所有していてももったいないと思い、それならば買取に出してしまったほうがいいと考えました。
しかし、洋服の買取をした経験がこれまでにないため、どのような点に注意しておくべきなのかよく分からないので、洋服買取のポイントを教えてください。

回答

キレイにしておいてから買取に出しましょう


洋服の買取査定において注目されるのは、それがブランド物かどうかであり、ブランド物であれば高い価値を認められる可能性が高く、状態が良ければ高額査定もあり得るため期待してもよいでしょう。
ブランド物でなくても買取してもらえる可能性はあるのですが、あまり高い価格がつかないことが多く、低い価格でも満足しなければいけないため、その点は納得しましょう。
やはり定価が高い洋服のほうが高値がつけられる可能性が高く、安い定価の洋服については、定価を下回る価格でしか買い取られないため、買取価格はどうしても低くなりやすいです。
よほど汚れが酷い状態のものでなければ、基本的にどのような洋服でも買い取ってもらうことは可能なのですが、学生服やユニフォーム、使用済みの下着といったものは買取不可となっています。
汚れていなくても破れている部分があるならば、それは商品価値があるとは認めてもらえないため買取されない可能性が高いのですが、ぼろぼろな洋服を無料で引き取ってくれるお店もあります。
また、注意点として洋服にはしっかりとタグが残っていることが大事であり、タグがないとブランド物なのに偽物であると判断されてしまう可能性もあるため、基本的にタグは残しておくべきです。
洋服の買取を利用するまえに、これから買取してもらいたいものについては、シミや汚れをしっかりと落としておくことは大切であり、部分用洗剤が市販されているため、そちらを使うとキレイに汚れを落とすことができます。
簡単に落とせるような汚れであってもキレイにしておかないと保管状況が悪かったと思われてしまい印象が悪くなってしまうため、できる限りキレイな状態にしておくことが高価買取の秘訣となるのです。
ただし、クリーニングに出すのは費用がかかってしまい、それによって大きく評価が上がる可能性は低いため、そこまでしてキレイな状態を整える必要はありません。
買取に出すタイミングとしては、基本的にどのような商品でも販売されてから時間が経過するほど価値が落ちていくため、売りたいと思ったときが売り時であると考えて、気になった洋服はすぐに売ってしまうことをおすすめします。

PageTop