業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月13日 [FAQ]

ブックオフの買取で値段がつかないと言われました。

先日、子供のゲームソフトやおもちゃ、マンガを大量にブックオフに売りに行きました。
しかし、時期的に引っ越しシーズンということもあり、買取の査定には数時間かかってしまうと言われたので、売り物だけ預けて後日受け取ることにしました。
売ったものの確認と、金額、そしてレシートを確認したところ、レシートに記載されていないものが数点ありました。
そのことを店員さんに確認したところ「値段がつかなったものはレシートに掲載せずの、そのままリサイクルに回しました」との回答。
その場は納得しましたが、後日再度ブックオフに行ってみると、レシートに載っていない金額のつかないものが、4,980円で販売されていました。
これって、買取の不手際ではないのでしょうか?

回答

まあ、よくある話だと思います。


ブックオフは大手のチェーン買取店ですよね。
ということは、店員さんはほとんどがパート・アルバイトです。
常に社員がいるということもないでしょうから、基本的には定価表みたいなものが用意されており、それに基づいて値付けしているんだと思います。
なので、騙すとかそういうことではなく、単純に人為的なミスだと思います。
が、再度それを問いただしても、あなたが売ったという証拠はないわけですし、今更どうしようもないことも事実ですね。
そもそも、ブックオフなどを初めてとしたリサイクルショップは、安く買い取って定価よりも安く販売することで生計を立てています。
薄利多売のビジネスです。
当然、時代や希少価値の問題で、プレミア価格が付く場合もありますが、ブックオフなどの場合はそういった知識のない人たちが査定をしていることから、プレミア商品が普通に100円とかで売られていることもあります。
せどりと呼ばれる、インターネットでの転売ビジネスは、こういった大手リサイクルショップの盲点をつき、安く買って高く売ることを基本としています。
もし、高い金額で販売したいのであれば、インターネットを利用して、自分で売った方がいいでしょう。
手間を取るか利益を取るか、それがリサイクルショップをどう使うのかのポイントです。

PageTop