業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

買取業者は何でも買取してくれるのでしょうか?

故人が亡くなってから手付かずのまま半年ほど放置していた家があります。ようやく片づける気になり、遺品の整理をしていますが、故人が集めていたアンティークの置物や、ピアノ、まだまだ使えそうな家具など、色々あります。何が価値があるのか、ないのか私には分かりませんが、家に来て頂いて買取が出来るものがあるか、いくらくらいの価値なのか査定してもらうことは可能なのでしょうか?
物が多いため、あらかじめ選ぶのが大変なので、来て頂いて判断して頂ければ有難いです。
また、布団やカーテン、座布団は通常買取はしてもらえないのでしょうか?どのように処分すればよいか困っています。

回答

リサイクル可能なものは買取対象となります


買取業者が買取対象とするのはリサイクルが可能な商品です。買取したものを販売するツールを持っているため、ニーズの高い商品は高額で買取してくれる場合もあります。リサイクルショップの中には、商品に特化した専門店があり、一般的なリサイクルショップよりも高額での買取が期待できると言われています。売りたいものが多品種である場合、それぞれの専門店と一般的なリサイクルショップの両方に見積もりをしてもらい比較するとよいでしょう。相見積もりをとっていると話せば、見積額が上がることもあります。また、買取業者は1点よりもまとめて買取する方が査定が上がる傾向ですので、不用な物はまとめて査定してもらいましょう。
遺品の中には価値のあるお宝があることも多いため、買取業者のプロの鑑定士に査定してもらうことをおすすめします。誰もその価値を知らずに処分しようとしていたものの中に希少なものがあり高額買取となることがあります。小道具や骨董品などがその例です。アンティークの置物も市場ではニーズの高い物ですので、是非鑑定してもらいましょう。さて、布団やカーテン、座布団についてですが、新品・未使用でない限りリサイクルショップで買い取ってもらうのは難しいです。お店によっては中古であっても使用感がないものや有名ブランドのもの、新品として購入してから3年以内ほどのものなどが買取対象となる場合もあります。該当する場合は問い合わせてみるとよいでしょう。該当しない場合は不用品回収業者に相談するか、自治体の粗大ごみに出す方法があります。
処分したい量にもよりますが、基本的に布団は燃える素材で作られているため、小さくすれば燃えるゴミに出していい自治体もありますので、確認するとよいでしょう。量が多ければ大型ゴミに出す作業は大変なので不用品回収業者に相談する方が労力は省けます。

PageTop